記事一覧

  • 2018年01月16日 投稿者: oj-youtu

    メディカルフィットネス

      メディカルフィットネスとは? メディカルフィットネスの必要性 メディカルフィットネスの流れ メディカルフィットネスとは 利用者様のお悩みに対して高度な知識と技術をもったパーソナルトレーナーがサポートして個別に最適なプランを組みます。そのプランは「治療」から「運動」まで対応しており、スポーツジムに行ったことがな...

  • 2018年01月15日 投稿者: oj-youtu

    DST(Discseel Treatment)

    DSTとは? DSTは北米でDr.Pauzaに提唱された椎間板の治療です。Dr.Pauzaの専門は整形外科であり、自身が脊椎固定術、減圧術等の手術を行われていましたが、より侵襲度が低くリスクの低い治療が研究され椎間板の変性が脊椎疾患の根源にあるとの医学的見地を基に、DSTによる椎間板治療を行うことで椎間板機能の再生が可能で...

  • 2018年01月12日 投稿者: oj-youtu

    睡眠と腰痛

    "朝起きたと途端に急に腰が痛くなった"”腰が痛くて目がさめた”こんな経験はありませんか? 実は、睡眠と腰痛は関係しており、その原因として寝方や枕が大きく関係しているのではないかと言われています。 但し、寝かたで原因であれば、どのような寝方がいいのでしょうか?枕によっては高い枕、低い枕、幅が広い枕がありますが...

  • 2018年01月12日 投稿者: oj-youtu

    PIDD(経皮的インプラント椎間板減圧術)

    PIDDとは? PIDDは、特に欧州でよく行われている低侵襲治療です。 今までは、日本国内で実施することはありませんでしたが、椎間板変性に対する治療にて現状よりもさらに患者様にとって有効でリスクのない治療法を調べた結果、椎間板の代わりとなるインプラント治療の存在を確認しました。 PIDDの治療方法 PIDDの治療方法ですが...

  • 2018年01月09日 投稿者: oj-youtu

    坐骨神経痛の治療

    薬物療法 腰痛で病院や整形外科で診断してもらった場合に湿布や塗り薬といった外用薬または炎症を抑える為の消炎鎮痛剤,筋肉の緊張を和らげることで腰の痛みを和らげる筋弛緩剤などがあります。また腰痛の原因が神経の場合は神経の回復を目的としたビタミンなどを摂取することがあります。 神経ブロック療法 腰痛の症状でも、下肢への痛みが強く...

  • 2018年01月05日 投稿者: oj-youtu

    変形性腰椎症の治療

    変形性腰椎症の治療 変形性腰痛症は、加齢による症状の為、完全に治すことは非常に難しいことから、「保存治療」と言う疼痛の緩和と症状の進行を防ぐことを目的に治療を行います。 腰痛は腰回りの筋肉を強化することで腰椎を支え痛みを緩和することが可能です。 方法として腰痛体操や柔軟体操を行います。 温熱療法 温熱療法を行う目的は、腰を...

  • 2018年01月05日 投稿者: oj-youtu

    脊椎側弯症の治療

    脊椎側弯症は他の腰痛症とは違い、機能性側弯症以外は自然治癒の可能性はありません。 また、薬物療法は効果がない為、装具療法で側弯の進行を抑えます。但し、進行がすでに進んでしまっている重度の脊椎側湾症や日常生活に支障がある場合は外科手術が必要です。 装具療法 レントゲンやMRIなどの画像診断を行い、側弯の角度が30度を超える場...

  • 2018年01月04日 投稿者: oj-youtu

    腰椎不安定症の治療

    保存治療 腰椎不安定症の外科手術 保存治療 保存治療とは医師の間で使う専門用語の一つで、人体を傷つけず、出血することのない治療法の総称です。 腰痛=手術というイメージをお持ちの方がいますが、必ず手術をいうことはありません。まずは、腰痛の原因を問診や画像診断で調べ、手術する程の重症度ではない場合は保存治療を行うことが多く、良...

  • 2018年01月04日 投稿者: oj-youtu

    変形性股関節症の治療

    腰痛疾患の一つである変形性股関節症の治療方法についてご説明いたします。 変形性股関節症の保存治療 変形性股関節症の外科手術 変形性股関節症の保存治療 薬物療法 根治的治療ではなく痛みを除去する目的として消炎鎮痛剤を使用します。 但し、消炎鎮痛剤を長期間使用することで、胃腸や腎臓などの障害が出ることがある為、もし服用して違和...

  • 2018年01月04日 投稿者: oj-youtu

    梨状筋症候群の治療

    梨状筋症候群の治療 梨状筋症候群の治療について書かせていただきます。 薬物療法 腰痛で病院や整形外科で診断してもらった場合に湿布や塗り薬といった外用薬または炎症を抑える為の消炎鎮痛剤,筋肉の緊張を和らげることで腰の痛みを和らげる筋弛緩剤などがあります。また腰痛の原因が神経の場合は神経の回復を目的としたビタミンなどを摂取する...

  • 2018年01月04日 投稿者: oj-youtu

    仙腸関節障害の治療

    保存治療とは? 保存治療の種類 仙腸関節障害の手術 仙腸関節障害を治す方法として関節の動きを早めに直す必要がある為、腰に負担をかけないように生活習慣を改善することが必要ですが痛みを止める方法として以下のものがあります。 保存治療とは? 保存治療とは医師の間で使う専門用語の一つで、人体を傷つけず、出血することのない治療法の総...

  • 2017年12月29日 投稿者: oj-youtu

    急性腰痛症(ぎっくり腰)

    ぎっくり腰とは? ぎっくり腰の症状 ぎっくり腰の原因 ぎっくり腰の予防 ぎっくり腰のQ&A ぎっくり腰とは? ぎっくり腰とは、突然腰が痛くなり動けなくなる症状のことをいい「急性腰痛症」とも呼ばれています。 多くは一週間~二週間程度で回復します。時間がたっても改善が見られない場合や下半身に痛みやしびれと言った症状が出...

  • 2017年12月28日 投稿者: oj-youtu

    ぎっくり腰の治療

    ぎっくり腰の有効な治療方法は特定ができておりません。理由としてぎっくり腰は様々な原因が現れる症状であリ、その原因によって治療方法が異なります。 まず、ぎっくり腰の原因として考えることが、筋肉・筋膜のおける炎症があり、治療方法としてアイシングを行い、炎症を抑えることが多く、アイシングを行っても治まらないまたは反対に腰痛の症状...

  • 2017年12月27日 投稿者: oj-youtu

    腰椎分離症・すべり症の治療

    一般的に痛みの緩和・骨の癒合を目的に保存療法を行い、体幹に負担がかかるスポーツはなるべく控えていただく必要があります。 スポーツを控えていただく理由として症状が再発する恐れが現実的に多いからです。 痛みを緩和する方法として、以下のものを使用します。 保存療法の種類 では、保存治療の種類について説明していきたいと思います。 ...

  • 2017年12月27日 投稿者: oj-youtu

    脊柱管狭窄症の治療

      脊柱管狭窄症の治療方法と適合早見表 保存療法 ○ 通院 自宅 PODD ○ 軽・中 日帰り DST ◎ 軽~重 日帰り 部分椎弓形成術 ○ 中・重 入院要 MEL法 ○ 中・重 入院要 脊椎固定術法 ◎ 中・重 入院要 SCS法(痛みを緩和させる治療) △ 軽~重 入院要 保存療法の種類 脊柱管狭窄症のしびれ...

  • 2017年12月25日 投稿者: oj-youtu

    椎間板ヘルニアの治療

      椎間板ヘルニア治療の名称と有効度 保存療法 ○ 通院 自宅 メディカルフィットネス ○ 通院 PLDD ○ 軽・中 日帰り PODD ○ 軽 日帰り ハイブリッド ○ 軽・中 日帰り MD法 ○ 中・重 入院要 MED法 ○ 中・重 入院要 PELD法 ○ 中・重 入院要 DST ◎ 日帰り PIDD ○ 軽...

  • 2017年09月21日 投稿者: oj-youtu

    腰椎不安定症

    腰椎不安定症の症状 腰椎不安定症の原因 腰椎不安定症の診断 腰椎が、何かの原因で障害を起こし、バランスが崩れている状態のことを腰椎不安定症と言います。 腰椎不安定症の症状 腰椎不安定症は、腰椎のL3.L4.L5の起こりやすく、腰椎のバランスが取れずグラグラと動く為、慢性腰痛の症状が続くことがあります。また、脊椎不安定症自体...

  • 2017年09月20日 投稿者: oj-youtu

    仙腸関節障害

    仙腸関節とは脊柱の根元に骨盤の仙骨と腸骨の間にある関節のことをいい、仙腸関節の働きとして、僅かに動くことで、脊椎や下肢への衝撃を吸収します。但し、関節にバランスが崩れるまたは仙腸関節が固まって動かないことで腰への負担が吸収できなくなり、痛みが生じることを仙腸関節障害と言います。 仙腸関節障害の症状 仙腸関節障害の原因 仙腸...

  • 2017年09月19日 投稿者: oj-youtu

    梨状筋症候群

      梨状筋症候群とは 梨状筋の働き 椎間板ヘルニアとの違い 梨状筋症候群の診断方法 梨状筋症候群とは 梨状筋は大殿筋と呼ばれる臀部の奥深くに存在しているインナーマッスルであり、仙骨と大腿骨をつないでいる筋肉で、坐骨神経と交錯しています。梨状筋が坐骨神経を圧迫し、刺激することで坐骨神経痛のような腰へ痛みや下肢への痺...

  • 2017年09月14日 投稿者: oj-youtu

    保存治療

    腰痛は加齢による骨・関節・椎間板の劣化や変形または腰を支える筋肉の弱体化が原因で発生します。 腰痛は、症状が悪化することで麻痺や鈍痛・歩行困難の症状が出てくることから、 「今後、歩けなくなるのではないか」という不安な気持ちから手術を行うことがあります。 現代では医療の技術向上により、70~80代の方でも手術を選択することが...