腰痛治療について

腰痛の治療方法

腰痛の治療に関するコンテンツページです。

保存療法

腰痛=手術というイメージをお持ちの方がいますが、必ず手術ということはありません。

まずは痛み止めの薬を飲むまたは理学療法(温熱療法、低周波治療)、腰痛ベルトを装着するなど腰への負担を軽減しながら経過観察を行います。

筋力の低下による腰への負担が原因の場合は、無理に激しい運動をせずに、マッサージ・ストレッチを行って十分に筋肉をほぐしてから、軽い運動を行って徐々に筋力をつけます。
筋力をつけることで腰への負担が軽減される為、痛みの緩和、痛みをなくすことが可能になります。

薬物療法

  • 1 ) 消炎鎮痛剤

    根本的な治療が目的ではなく、痛み(炎症)を抑えながら原因を特定し、治療を行うのを目的とします。

  • 2 ) 筋弛緩剤

    腰痛の原因となる筋肉の緊張を和らげ、腰部のこわばりを軽減させることで、痛みを抑えます。

  • 3 ) ステロイド

    全ての炎症を抑えるのによく使用される薬です。
    但し、効果が強すぎる為長期間で使用することはオススメできません。

  • 4 ) 血流改善剤

    血流をよくする事で毛細血管を広げ、筋肉の痛みを抑えます。

  • 5 ) 神経ブロック
    • 局所浸潤ブロック注射

      筋肉の痙攣による萎縮が起きている場合に使用することがあり、腰の痛みや足の痺れを抑える効果があります。

    • 硬膜外神経ブロック注射

      痛みを感じる神経に対して注射を打ち、局所麻酔と同じように痛みを痛みが伝達しないようにブロックします。
      運動神経・交感神経といったすべての神経にも効果が高く、即効性もあると言われています。

    • 椎間関節ブロック注射

      椎間関節を支配する脊髄神経後枝内側枝に幕所麻酔や抗炎症薬を投与します。

理学療法

  • 1 ) 運動療法

    腰痛になった場合に安静にすることがありますが、安静の期間が長くなると腰痛が長引くことがあります。
    また、腰痛の原因が運動不足の可能性も考えられ、腰椎の近くの筋力が低下することで、体重を支えられなくなり、椎間板がずれるまた椎体が損傷することで腰痛が生まれる可能性もあるからです。
    その理由から適度な運動を行い、筋力と筋肉量を獲得する必要があると言えます。

  • 2 ) 温熱療法

    温熱療法を行う目的は、腰を温めて血行不良を改善させることです。
    血行が良くなる事で新陳代謝が活発になり疲労物質や化学物質が滞ることがなくなり、腰痛の緩和や疲労の回復が期待できます。

  • 3 ) 装具療法

    腰痛ベルトを装着するなど腰への負担を軽減しながら経過観察を行います。

         

外科手術・外科治療


比較項目レーザー治療
(PLDD・PODD)
椎間板摘出・固定術
(MED法・PELD法・脊椎固定術)
麻酔局所麻酔全身麻酔
切開ありなし
出血ほぼなし出血あり
         

腰痛治療に関する記事一覧

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 PODD法(経皮的オゾン椎間板減圧術)

      PODD法とは オゾン治療について PODD法の治療効果と術後の生活 PODD法のメリット・デメリット 治療の対象となる腰痛疾患 PODD法とは 保存治療では効果がなく、外科手術までを必要としない軽度のヘルニアに適応しています。 局所麻酔での施術です。専用のレントゲン検査機器にてヘルニアの位置を正確に把握して...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)

    PLDD法とは PLDD法の対象は PLDD法の治療効果と術後の生活 PLDD法のメリット・デメリット PLDD法の対象となる腰痛疾患 PLDD法とは PLDD法は椎間板内の髄核に対してレーザーを照射し、蒸散させることで椎間板内の圧力を弱め、椎間板内に収縮させる治療方法です。 日本では、腰痛の治療は外科治療が主流であったこ...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 ハイブリッドレーザー治療

    ハイブリッドレーザー治療とは 治療効果と術後の生活について ハイブリッドレーザー治療のメリット・デメリット 治療の対象となる腰痛疾患 ハイブリッドレーザー治療とは ハイブリッドレーザー治療は局所麻酔で行います。 専用のレントゲン検査機器にてヘルニアの位置を正確に把握してから針を刺し、刺した針の経路にレーザーファイバーを通し...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 MD法

      MD法とは? MD法のメリット・デメリット MD法の入院期間と退院後の生活 MD法が有効な腰痛疾患 MD法とは? MD法(顕微鏡下椎間板摘出術)は、全身麻酔を行ってから手術を行います。 背中を2~3㎝程切開し、手術用の顕微鏡で観察しながら突出したヘルニアを摘出します。 ヘルニアを摘出することで、神経の圧迫を解...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 MED法

    MED法とは? MED法のメリット・デメリット 入院期間と退院後の生活 MED法が有効な腰痛疾患 MED法 MED法(内視鏡下椎間板摘出術)は背中の皮膚を切開し、そこから細い管を挿入し、管の中から内視鏡を挿入し、鉗子を使用して椎間板をはみ出た椎間板を摘出します。 内視鏡を挿入することで、身体の内部を確認しながらヘルニアを摘...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 LOVE法

    後方椎間板切除術(ラブ法)とは 全身麻酔をしてから、背中側を約8㎝程切開し、椎弓と呼ばれる背骨の一部を削り、突出しているヘルニアを摘出します MED法(内視鏡下椎間板摘出術)と比較して、切開の範囲が広く、皮膚や腰椎周辺の筋肉へダメージが大きいことから回復・退院まで約3日間期間が長くなりますが、切開範囲が広い為、内視鏡で狭い...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 SCS法

    SCS法は腰痛に対して完治することはできませんが、 過去に他の腰の手術を受けても痛みが慢性的(慢性難治性疼痛) 薬を使用しても効果がないまたは副作用がきつい。 といった患者様に対して痛みを緩和させるSCS法(脊髄刺激療法)は効果があると言えます。 SCS法のメカニズム SCS法の手術方法 入院・治療の流れ SCS法が有効な...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 PELD法

    PELD法とは PELD法のメリット・デメリット PELD法が適応の腰痛疾患 PELD法とは 直径6㎜の極細操作管の中に3㎜の小鉗子を挿入し、内視鏡で確認しながらヘルニアを摘出する外科手術です。 PELD法は局所麻酔で行います。 挿入する方法として、後方の椎弓から挿入するインターラミナル法、後側方から椎間孔・椎間板に挿入す...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 脊椎固定術

    脊椎固定術とは? 脊椎固定術の方法 脊椎固定術の特徴 脊椎固定術の入院期間 術後の生活 脊椎固定術の対応腰痛疾患 脊椎固定術とは? 腰痛のしびれや激しい痛みは、神経が圧迫されることで症状が現れることが多く、その神経を圧迫する骨を切除することで、圧迫から解放し、痺れや痛みなどの症状を緩和させます。 但し、骨を切除することで脊...

  • 2017年09月07日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 人工椎間板置換術

    人工椎間板置換術とは 人工椎間板置換術の方法 人工椎間板置換術はいつから 日本で行わないのはなぜ? 人工椎間板置換術の適応とメリット・デメリット 人工椎間板置換術が有効な腰痛疾患 人工椎間板置換術とは 人工椎間板置換術は、深刻な外傷や退行性椎間板の疾患による慢性腰痛から、保存治療を行っても疼痛がおさまらないまたは椎間板の変...

  • 2017年09月14日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 保存治療

    腰痛は加齢による骨・関節・椎間板の劣化や変形または腰を支える筋肉の弱体化が原因で発生します。 腰痛は、症状が悪化することで麻痺や鈍痛・歩行困難の症状が出てくることから、 「今後、歩けなくなるのではないか」という不安な気持ちから手術を行うことがあります。 現代では医療の技術向上により、70~80代の方でも手術を選択することが...

  • 2018年01月12日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 PIDD(経皮的インプラント椎間板減圧術)

    PIDDとは? PIDDは、特に欧州でよく行われている低侵襲治療です。 今までは、日本国内で実施することはありませんでしたが、椎間板変性に対する治療にて現状よりもさらに患者様にとって有効でリスクのない治療法を調べた結果、椎間板の代わりとなるインプラント治療の存在を確認しました。 PIDDの治療方法 PIDDの治療方法ですが...

  • 2018年01月15日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 DST(Discseel Treatment)

    DSTとは? DSTは北米でDr.Pauzaに提唱された椎間板の治療です。Dr.Pauzaの専門は整形外科であり、自身が脊椎固定術、減圧術等の手術を行われていましたが、より侵襲度が低くリスクの低い治療が研究され椎間板の変性が脊椎疾患の根源にあるとの医学的見地を基に、DSTによる椎間板治療を行うことで椎間板機能の再生が可能で...

  • 2018年01月16日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 メディカルフィットネス

      メディカルフィットネスとは? メディカルフィットネスの必要性 メディカルフィットネスの流れ メディカルフィットネスとは 利用者様のお悩みに対して高度な知識と技術をもったパーソナルトレーナーがサポートして個別に最適なプランを組みます。そのプランは「治療」から「運動」まで対応しており、スポーツジムに行ったことがな...