椎間板ヘルニアの治療に関する記事

椎間板ヘルニアの治療

2017年9月6日 2017年12月25日 投稿者: oj-youtu

 

椎間板ヘルニア治療の名称と有効度

保存療法
通院
自宅
メディカルフィットネス
通院
PLDD

軽・中
日帰り
PODD

日帰り
ハイブリッド

軽・中
日帰り
MD法

中・重
入院要
MED法

中・重
入院要
PELD法

中・重
入院要
DST
日帰り
PIDD

軽・中
日帰り

保存療法

椎間板ヘルニアの治療のイメージとして椎間板を摘出する為の手術を行うというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
症状が重くない限り、すぐに手術することはありません。
椎間板ヘルニアの炎症や痛みの緩和。神経への圧迫を緩和するための行うのが、保存療法です。
保存療法と言ってもいくつか方法があり、

  • 薬物療法
  • 温熱療法
  • 装具療法
  • 運動療法

といった治療方法を行うことが多いです。

薬物療法

椎間板ヘルニアの診断が出た場合に最初に行う治療として薬物療法があり、

  • 炎症を抑える事
  • 痛みを抑える事

を目的として、以下のような薬剤を使用します。

・非ステロイド性消炎鎮痛剤
ヘルニア治療でよく使用される痛み止めで、炎症を抑える効果もあります。
ロキソニンやボルタレンがよく使用されています。

・筋弛緩剤
腰痛の多くは筋肉の緊張によっておこることが多い為、筋弛緩剤を使用してまずは筋肉の緊張をほぐしてから、痛みを緩和させます。

・オピオイド鎮痛薬
モルヒネなどのオピオイド鎮痛薬は、医療用の麻薬で、使用することで脊髄から脳への痛みの信号を止めますので、鎮痛効果が非常に高いと言われています。但し、鎮痛効果が高い代わりに吐き気・嘔吐や眠気、便秘などの副作用が強く出ることが多く、多用することで薬物依存をおこす危険性があることから、経過観察を行ってから、副作用に対応した薬剤と一緒に処方するなど慎重に投与することが必須です。

・神経性疼痛緩和薬
神経障害による過敏な反応や痛みに対して神経伝達物質の分泌を抑え、痛みを緩和させる場合に使用します。鎮痛剤を使用しても効果が出なかった場合に効果が出ることがありますが、副作用として眠気やめまいなどの症状があります。

温熱療法

痛みの出ている箇所に対して、ホットパックや赤外線照射を行い、筋肉の緊張をほぐし収縮した血管を緩めることで血流を改善し痛みを和らげます。但し、この治療では体の表面は温められても、深部は温められず、炎症がある場合は逆効果で痛みが増す場合があります。

装具療法

装具療法は、患者自身の大きさに合わせたコルセット又は腰痛ベルトを着用し一定期間生活する治療方法です。
装具療法の目的として、

  • 腰椎の動きを制限し、腰部にかかる負担を軽減させる。
  • 脊椎の変形または異常姿勢を矯正する

があります。但し、一定期間過ぎても着用しているといつもまでの治療前に戻らず、かえって腰痛簿の症状が出る可能性がある為、着用に必要がないと診断された場合は速やかに着用をやめておきましょう。

神経ブロック

薬物療法を使用しても効果がなかった方に神経ブロック注射を打つことがあります。
手術と比較して注射針を使用するだけですので、切開の必要がないことから身体への負担は軽く済みます。薬物療法で効果がない場合でもブロック注射で痛みが完全に消えたという例も少なくありません。
ブロック注射にもデメリットはあり、脊柱管狭窄症からヘルニアが併発している方や高齢の方には効果が出ない可能性があることと、長期間ブロック注射を行うことで神経を傷つけてしまう場合があります。

マッサージ療法

マッサージは筋肉の緊張をほぐし血流をよくすることで痛みを取ることが目的ですが、椎間板ヘルニアの根本的な治療方法ではなく、マッサージを行うことで「揉み返し」により、椎間板ヘルニアが悪化する場合があります。
もしマッサージを行う場合は個人の判断ではなく、医師へ相談してから行うようにしてください。
相談後もマッサージ後に痛みが出るようであれば控えてください。

運動療法

腰痛になった場合に安静にすることがありますが、安静の期間が長くなると腰痛が長引くことがあります。

その為、安静が必要ない場合は、体操やストレッチや腰痛の改善になることがあります。
理由として、腹膜筋を鍛えることで腰に負担がかからないようにしているのですが、腹筋の筋力が低下することにより、
脊椎へと負担がかかり、脊椎が支えきれなくなることで神経への圧迫または筋肉への負担から炎症が起こる為、痛みや痺れと言った症状が現れる為、腹筋や背筋を鍛えることも重要と言えます。

但し、ただ腹筋と鍛えればいいかと言えばそうではなく、正しくない方法や無理をしての筋トレなどは反対に腰痛を悪化する恐れもありますので、ストレッチや運動を行う前又は教えて頂いた運動方法を忘れてしまった場合は医師に相談しましょう。

・ストレッチ
腰痛のストレッチは病院・整骨院によっては方法が異なります。いくつか当サイトでご紹介させていただきます。
但し、ストレッチをおこなった痛みが出るようでしたら悪化する危険性がある為控えてください。

その① 前傾ストレッチ
床の上に座り足の裏を合わせます。

合わせた足を自分の身体の前まで引きます。

上半身を腰から前方に傾けて20~30秒キープしてください。その作業を3回行いましょう。息を止めずにゆっくり呼吸をします。
(傾けた際に痛みが出るようでしたら無理せずにその場所でキープします。)

その②
床にあおむけの状態で寝ていただきます。

そのまま寝た状態でひざを抱えます。

膝を抱えたままゆっくり呼吸をしながら足を前後に動かします。
(その場合は手で動かさず、膝を引き付けた状態で足の力で前後に動かします)

片側の足を伸ばし、床から30度の角度で20秒キープします。キープした後はつま先を意識しながら足を伸ばした状態でゆっくり弧を描くようにおろしていきます。片足が終わりましたら反対の足も同様に行います。
注)痛みのある箇所に負荷をかけたストレッチを行うと、症状が悪化する場合がありますので、痛みがない範囲でストレッチを行い、痛みが出るようでしたらやめましょう。

椎間板ヘルニアの外科治療

椎間板ヘルニアに対して薬剤療法や神経ブロックも効果がない場合またはヘルニアの摘出が必要な場合に以下のような外科手術を行います。

手術名をクリックすると詳細ページへ移動します。

椎間板ヘルニア治療のQ&A

椎間板ヘルニアと診断されました。手術をしたほうがいいのでしょうか?
まず椎間板ヘルニアによる腰痛の原因は2つに大別されます。
1.椎間板部分の炎症が原因である場合(腰痛のみ)
この場合には、通常のヘルニア摘除手術では、改善が困難とされています。
2.神経根部分の炎症が原因である場合 (腰痛だけでなく下肢痛も伴う事が多い)
この場合には、ヘルニア摘除手術により腰痛まで改善する可能性が高いとされます。つまり椎間板ヘルニアで手術を行う場合は、必ず下肢痛が存在する場合となります。
では、最近の研究や学会報告では、手術を行うべきかどうかの判断はどうなっているのでしょうか?実は長期的には、自然軽快率(手術をせず、内服等で経過を診る)は、手術を施行した場合と変わりが無いとされています、つまり手術をしても、しなくても変わりはないと報告されています、ただし手術の利点は短期的に改善するという事も認知されており、手術をすべき場合もあります。
① 日常生活ができない場合
早く改善してくれないと、仕事を失う事にもなりかねません。
② 運動麻痺が出現した場合、便秘や失禁を伴う場合
このような場合、内服等だけでは後遺症として残る事があるからです。
椎間板ヘルニアは手術をすると必ず良くなりますか?
腰椎椎間板ヘルニアの手術法には、Love法,MED法,PELD法といろいろあります。手術法によって傷の大きさや退院までの期間の違いはありますが、成功率に差はありません。そして成功率は短期的(純粋な成功率)なものと長期的(再発率)なものに区分されます。
1:短期的には約90%の改善が期待され、合併症率は数パーセントです。ただし成功率や合併症率は施設間での技術差があり一概には言えません。
2:長期的な成功率は約65%と推定されます。
手術をして一度改善されましたが、再発する場合があるからです。自然軽快の場合も同等の再発があります。
まとめると必ず良くなるとは言えませんが、手術をすれば多くの場合は満足できる改善が得られます。但し、再発に関しては手術をしてもしなくても同等の危険があるという事になります。
そして大事な事は施設間で、成功率や合併症率に違いがあるという事です。施設間と言いましたが、実際には執刀医の技術差と言えます。脊椎で有名な病院を選んで手術をした、当然多くの医師が研修に入っている為、執刀医が経験の浅い後期研修医であった場合などは、リスクが高くなります。手術をする場合には、どこの病院で手術をするか?だけではなく、誰が執刀するのか?という事が大切です。
腰椎椎間板ヘルニアにドラッグストア等の市販の薬は効果ありますか?
椎間板ヘルニアの治療で痛みや炎症を抑えるといった自己治癒を目指す保存的治療で薬を使う時はありますが、薬自体に飛び出した椎間板を引っ込めたりするなどの効果はありません。
腰椎椎間板ヘルニアで牽引治療は効果ありますか?
腰椎椎間板ヘルニアでは牽引することにより、ヘルニアが引っ込むといわれることもありますが、実際はそこまで大きな変化が認められません。
腰椎椎間板ヘルニアで手術をしたら後遺症はありますか?
腰椎椎間板ヘルニアにより脊髄・神経の圧迫が著しい場合、脊髄・神経が一部分回復できなくなっている時があります。その場合は、しびれ、痙性麻痺が残ります。
腰椎椎間板ヘルニアでレーザー治療は効果がありますか?
レーザー治療は、椎間板の中にある髄核をレーザーで焼くことにより空洞をつくり、椎間板を縮ませ神経の圧迫を減らすことで痛みがなくなるということです。椎間板ヘルニアの患者様すべてに有効という訳ではなく、80%程度の改善率で (下肢のしびれ等が残る場合がある)改善されない方 (下肢のしびれ等が残る場合がある)もおられます。また、全てのヘルニアに対して有効ではない。
腰椎椎間板ヘルニアのPED手術とはどんな手術ですか?
PED(PELD)経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術は、直径6mmの極細操作管の中に3mmの小鉗子を挿入し、ヘルニアを摘出する、腰椎椎間板ヘルニアの代表的最小侵襲脊椎手術です。

椎間板ヘルニア