腰痛治療に関する記事一覧

  • 2024年07月12日 投稿者: oj-youtu

    その他 治療方法 市販の腰痛サポートベルトって本当に効くの?|腰痛名医.COM

    腰痛ベルトと腰痛 腰痛ベルトの種類 腰痛ベルトの効果 腰痛ベルト使用時の注意点 腰痛ベルトのメリットとデメリット 腰痛ベルトと腰痛 腰には上半身を支えるため常に大きな負担がかかります。そのため、腰痛になることもあります。 腰椎にかかる負担を軽くすることで、腰痛症状の緩和や予防につながると言われています。腰痛サポートベルトを...

  • 2024年06月28日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 あなたに合う治療法は?腰痛治療、様々な手術の比較。メリットやデメリットについて|腰痛の治療 手術について | 腰痛名医.com

      腰痛のタイプ 腰痛の保存的治療 腰痛治療としての外科的手術 腰痛の低侵襲治療 腰痛のタイプ 腰痛は日本の国民病と言われています。国内では約3000万人が腰痛で悩んでいるそうです。 腰痛は急性腰痛と慢性腰痛の二つに分けられています。 急性腰痛 急性の腰痛は、痛みが発生してから約1ヶ月で痛みがおさまる腰痛のことを...

  • 2024年06月13日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 今話題のセルゲル法の評判とは | 日帰り治療が可能な、脊柱管狭窄症の海外の先進的治療法

      セルゲル法とは セルゲル法の適応 セルゲル法の評判 セルゲル法とは セルゲル法とは、欧州を中心に世界の様々な国で導入されている先進的な腰痛治療です。 治療は局所麻酔にてX線透視装置を使用しながら、細い針を損傷している椎間板に留置し、損傷した椎間板にゲルを注入します。ゲルがインプラント化して、椎間板が修復されま...

  • 2024年05月17日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 フローレンス法(腰椎間接的除圧術)

    フローレンス法とは フローレンス法の対象 フローレンス法の治療効果 フローレンス法のメリット・デメリット フローレンス法の適応疾患 フローレンス法とは フローレンス法はイタリア発祥の欧州や南アメリカを中心に導入されている世界最先端の日帰りでできる脊柱管狭窄症の手術法・治療法です。 フローレンス法はイタリアで2015年に開発...

  • 2022年07月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 セルゲル法(椎間板修復インプラントゲル治療術)

    セルゲル法とは? セルゲル法とは、ヨーロッパを中心に世界中で導入されている先進的な椎間板の修復・再生治療法です。 今までは、日本国内で実施することはありませんでしたが、椎間板変性に対する治療にて現状よりもさらに患者様にとって有効でリスクのない治療法を調べた結果、椎間板の代わりとなるインプラント治療の存在を確認しました。 セ...

  • 2018年01月16日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 メディカルフィットネス

      メディカルフィットネスとは? メディカルフィットネスの必要性 メディカルフィットネスの流れ メディカルフィットネスとは 利用者様のお悩みに対して高度な知識と技術をもったパーソナルトレーナーがサポートして個別に最適なプランを組みます。そのプランは「治療」から「運動」まで対応しており、スポーツジムに行ったことがな...

  • 2017年09月14日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 保存治療

    腰痛は加齢による骨・関節・椎間板の劣化や変形または腰を支える筋肉の弱体化が原因で発生します。 腰痛は、症状が悪化することで麻痺や鈍痛・歩行困難の症状が出てくることから、 「今後、歩けなくなるのではないか」という不安な気持ちから手術を行うことがあります。 現代では医療の技術向上により、70~80代の方でも手術を選択することが...

  • 2017年09月07日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 人工椎間板置換術

    人工椎間板置換術とは 人工椎間板置換術の方法 人工椎間板置換術はいつから 日本で行わないのはなぜ? 人工椎間板置換術の適応とメリット・デメリット 人工椎間板置換術が有効な腰痛疾患 人工椎間板置換術とは 人工椎間板置換術は、深刻な外傷や退行性椎間板の疾患による慢性腰痛から、保存治療を行っても疼痛がおさまらないまたは椎間板の変...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 脊椎固定術

    脊椎固定術とは? 脊椎固定術の方法 脊椎固定術の特徴 脊椎固定術の入院期間 術後の生活 脊椎固定術の対応腰痛疾患 脊椎固定術とは? 腰痛のしびれや激しい痛みは、神経が圧迫されることで症状が現れることが多く、その神経を圧迫する骨を切除することで、圧迫から解放し、痺れや痛みなどの症状を緩和させます。 但し、骨を切除することで脊...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 PELD法

    PELD法とは PELD法のメリット・デメリット PELD法が適応の腰痛疾患 PELD法とは 直径6㎜の極細操作管の中に3㎜の小鉗子を挿入し、内視鏡で確認しながらヘルニアを摘出する外科手術です。 PELD法は局所麻酔で行います。 挿入する方法として、後方の椎弓から挿入するインターラミナル法、後側方から椎間孔・椎間板に挿入す...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 SCS法

    SCS法は腰痛に対して完治することはできませんが、 過去に他の腰の手術を受けても痛みが慢性的(慢性難治性疼痛) 薬を使用しても効果がないまたは副作用がきつい。 といった患者様に対して痛みを緩和させるSCS法(脊髄刺激療法)は効果があると言えます。 SCS法のメカニズム SCS法の手術方法 入院・治療の流れ SCS法が有効な...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 LOVE法

    後方椎間板切除術(ラブ法)とは 全身麻酔をしてから、背中側を約8㎝程切開し、椎弓と呼ばれる背骨の一部を削り、突出しているヘルニアを摘出します MED法(内視鏡下椎間板摘出術)と比較して、切開の範囲が広く、皮膚や腰椎周辺の筋肉へダメージが大きいことから回復・退院まで約3日間期間が長くなりますが、切開範囲が広い為、内視鏡で狭い...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 MED法

    MED法とは? MED法のメリット・デメリット 入院期間と退院後の生活 MED法が有効な腰痛疾患 MED法 MED法(内視鏡下椎間板摘出術)は背中の皮膚を切開し、そこから細い管を挿入し、管の中から内視鏡を挿入し、鉗子を使用して椎間板をはみ出た椎間板を摘出します。 内視鏡を挿入することで、身体の内部を確認しながらヘルニアを摘...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 MD法

      MD法とは? MD法のメリット・デメリット MD法の入院期間と退院後の生活 MD法が有効な腰痛疾患 MD法とは? MD法(顕微鏡下椎間板摘出術)は、全身麻酔を行ってから手術を行います。 背中を2~3㎝程切開し、手術用の顕微鏡で観察しながら突出したヘルニアを摘出します。 ヘルニアを摘出することで、神経の圧迫を解...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 ハイブリッドレーザー治療

    ハイブリッドレーザー治療とは 治療効果と術後の生活について ハイブリッドレーザー治療のメリット・デメリット 治療の対象となる腰痛疾患 ハイブリッドレーザー治療とは ハイブリッドレーザー治療は局所麻酔で行います。 専用のレントゲン検査機器にてヘルニアの位置を正確に把握してから針を刺し、刺した針の経路にレーザーファイバーを通し...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)

    PLDD法とは PLDD法の対象は PLDD法の治療効果と術後の生活 PLDD法のメリット・デメリット PLDD法の対象となる腰痛疾患 PLDD法とは PLDD法は椎間板内の髄核に対してレーザーを照射し、蒸散させることで椎間板内の圧力を弱め、椎間板内に収縮させる治療方法です。 日本では、腰痛の治療は外科治療が主流であったこ...

  • 2017年09月06日 投稿者: oj-youtu

    治療方法 PODD法(経皮的オゾン椎間板減圧術)

      PODD法とは オゾン治療について PODD法の治療効果と術後の生活 PODD法のメリット・デメリット 治療の対象となる腰痛疾患 PODD法とは 保存治療では効果がなく、外科手術までを必要としない軽度のヘルニアに適応しています。 局所麻酔での施術です。専用のレントゲン検査機器にてヘルニアの位置を正確に把握して...